仮想通貨は、たまに送金という目的で活用されています。投資などで活用される事も多いのですが、どこか遠くに対して送金したい時にも活用されるのです。

 

銀行での送金は可能

ところで送金したい時には、一応は銀行という手段もあります。銀行振り込みという手段を使えば、海外企業などに入金する事も一応は可能なのです。現に銀行で、海外送金などのサービスを利用している方々もいます。

 

手続きが完了するまで時間がかかる

ところが銀行による送金のサービスは、しばしばスピードにネックがあると評価されています。なぜなら、送金手続きが完了するまでに時間がかかるからです。
それが具体的に何日程度かかるかも、銀行によって異なります。だいたい数日程度で送金が完了する事もあれば、状況により数週間ほどかかってしまう事もあるのです。

 

急いで送金したい時には困る

ところで各企業では、急ぎで手続きを進めたいと思う事もあるのです。上記のように数週間もかかってしまうのは、大変困るという事例もあります。
そもそも各企業では、スピードが求められる事はあるでしょう。クライアントに送金する時などは、できるだけ速やかに手続きを完了する必要があります。そうでなければ、信用性が失われてしまう事もあるのです。ですから急ぎニーズがある時には、送金というサービスは少々不便です。

 

仮想通貨は手続きが早い

それに対して仮想通貨は、比較的手続きがスピーディーに進む傾向があります。少なくとも海外送金などの手段と比べれば、明らかにお金を速やかに送れるのです。
また銀行と違って、利用可能な曜日や時間帯も非常に幅広いです。銀行の場合は、主に平日の昼間に限定されてしまいます。ですから送金手続きが完了するまで、若干時間がかかってしまう事も多いです。それに対して仮想通貨でしたら、24時間かつ曜日不問で送金できます。

 

仮想通貨で送金してみましょう!⇒仮想通貨

 

手数料が比較的高い銀行の送金サービス

また銀行による外貨送金などのサービスは、残念ながらコストにネックがあります。人によっては、そのコストで悩んでいる事もあるのです。
というのも銀行による送金サービスですと、たいていは数千円前後は徴収されてしまいます。その金額が、比較的重たく感じられる事もあるのです。

 

手数料はかなり低めな仮想通貨

それに対して仮想通貨の場合は、手数料に大きなメリットがあります。
この通貨で送金する時にも、手数料は払う事にはなるのです。ですがそのコストは、銀行の送金ほど高めではありません。コストが比較的低めに設定されているのです。
そもそも企業によっては、何回も海外に送金する事もあるでしょう。その度に大きなコストが発生していては、大変困ります。しかし仮想通貨でしたら、そのコストも抑えられる訳です。

 

手続きをする時のセキュリティの不安

ところで金融に関する手続きを行う時には、たまに安全性が気になってしまう場合があります。現に金融会社によっては、あまり安全性が良くない事もあるのです。会社のサービスを使った結果、個人情報が漏れてしまったという話もたまに聞きます。

 

セキュリティ性は優れている仮想通貨

それに対して仮想通貨は、安全性には大きなメリットがあるのです。
そもそも仮想通貨の場合は、情報はオンラインで保管されている訳ではありません。たいていはオフラインで保管されていて、いわゆるハッキング被害などが発生しづらい仕組みになっているのです。
また仮想通貨では、独自の暗号のシステムなども採用されています。外部の方々からは、簡単には判読できないシステムも採用されているのです。
それだけに通常の現金と比べると、かえって仮想通貨の方が安全性が高いと評価される事もあります。セキュリティ性が比較的充実しているのも、仮想通貨のメリットです。

関連記事

    None Found